観光に行きたい人はチェックしよう!有馬温泉に関するおすすめポイントや情報を紹介

観光に行きたい人はチェックしよう、有馬温泉に関するおすすめポイントや情報を紹介します。
景色と料理とお酒と空気が素晴らしいので、家族と友人と出かける事で新たな出会いと発見を得る事が可能です。
自然の湧き水はミネラルとカルシウムが豊富で水道水と比べると味の違いが分かり、新たな発見は素晴らしいです。
子供は川を泳ぐ魚に興味を示して、ニジマスやあゆの炭火焼きを食べると、あまりのおいしさに驚いて絶句します。
思い出は良い経験です。

観光に行きたい人はチェックしよう!有馬温泉に関するおすすめポイントや情報を紹介

観光に行きたい人はチェックしよう、有馬温泉に関するおすすめポイントや情報を紹介します。
景色と料理とお酒と空気が素晴らしいので、家族と友人と出かける事で新たな出会いと発見を得る事が可能です。
自然の湧き水はミネラルとカルシウムが豊富で水道水と比べると味の違いが分かり、新たな発見は素晴らしいです。
子供は川を泳ぐ魚に興味を示して、ニジマスやあゆの炭火焼きを食べると、あまりのおいしさに驚いて絶句します。
思い出は良い経験です。
有馬温泉の説明です。

有馬温泉はどの辺りに位置する?電車とマイカーのアクセス方法

有馬温泉ですが、大阪や神戸に住む人にとってはあえて説明など不要でしょうが、地理的には神戸市北区に存在します。
県庁所在地の市内にあるわけですが、神戸市は六甲山地で南北に隔てられていますので、北区とは言っても中心街からすぐというわけにはいきません。
電車でのアクセスは、三ノ宮から地下鉄で谷上まで行き、そこから神戸電鉄に乗って有馬温泉まで行く経路が最も早いです。
多少時間はかかりますが、新開地などから直接神戸電鉄に乗れば、乗り換えなしで目的地まで行くこともできますし、ちょっと普通ではないかもしれませんが六甲山地を越えるロープウェーを使う手もあります。
ちなみに大阪からの場合、JR宝塚線を利用して三田まで行き、そこから神戸電鉄を使うルートもありますが、時間的には神戸経由のほうが早いことが多いです。
一方で、マイカーの場合は阪神高速の7号北神戸線を利用するか、中国道の西宮北ICで降りるルートが良いでしょう。

有馬温泉にまつわる歴史や言い伝え

日本書紀とは、奈良時代に成立した日本の歴史書で古事記と並び伝存する書物の中で最も古い史書の1つとされます。
このような古い史書にも記載が行われている有馬温泉は、大己貴命と少彦名命の神により発見された、7世紀前半に舒明天皇が滞在したことで温泉地の名称が広く知られるようになったといいます。
しかし、有馬温泉は度重なる災害や戦乱により何度も壊滅状態に陥ることになりましたが、これを救ったのが「有馬の三恩人」でもある僧行基・仁西・豊臣秀吉です。
有馬の三恩人といった強力なバックアップがあったからこそ、活気を取り戻すことができたなどの言い伝えがあるようです。
現在では、国内だけでなく海外からの訪れる観光客の間でも人気を集める温泉地になっている、日本が誇る名湯の一つです。
また、日本書紀や風土記などに登場することに基づいた三古湯の中では、有馬温泉は愛媛県の道後温泉と和歌山県の白浜温泉、これら3つを合わせた日本三大湯の一つに数えられています。

知っておきたい有馬温泉の湯の特徴や効能は?

有馬温泉の存在は飛鳥時代から知られている、以降有馬の湯は高僧や将軍など多くの人々に愛され続けて来た、中でも武将豊臣秀吉公は何度も有馬の地に訪れて、その後の有馬の発展に大きな影響を与えたなどの歴史も存在しますし、歴史上の人物にも愛され続きて来た、その歴史は神代の頃まで遡る必要があるほど由緒正しい温泉といっても過言ではありません。
有馬温泉は、療養泉に指定が行われている9種類の成分の成分の中で、単純性温泉・二酸化炭素泉・炭酸水素塩泉・塩化物泉・硫黄塩泉・含鉄泉・放射能泉、7種類の成分が含まれる世界的にも珍しい効果効能を持つ温泉です。
有馬温泉の中でも金泉は、海水の1.5倍もの円分が含まれる泉質を持つもので、保湿や保温効果が非常に高いため筋肉痛や関節痛などの改善効果への期待ができる日本一の温泉などの評価もあるようです。
古くから子宝の湯としても有名で、子どもが欲しいカップルなどが訪れることも多いようです。

有馬温泉に行くならおすすめのシーズンは?

有馬温泉は、神戸から見たとき六甲山を挟んで反対側に位置する温泉街で、瀬戸内海に面した地域でも日本海からの風が流れ込む環境です。
そのため、夏場などは比較的涼しく避暑地としての人気もあります。
有馬温泉のベストシーズンは主に初夏と秋、初夏のころは朝晩気温が下がるけれども日中も過ごしやすいのため、観光などで訪れるときなどリフレッシュしたいときなどベストシーズンといえますし、秋の紅葉は10月下旬ころからが見ごろを迎える、露天風呂から眺める紅葉はテンションも高めてくれるのではないでしょうか。
冬場は、積雪もあるけれども雪の量はそれほど多くないので冬場でも有馬温泉に行くことができます。
しかし、冬場は路面が凍結するなどで滑りやすい状態になるので歩くときなどは注意が必要です。
真夏は集中豪雨などのリスクがあるので、避けたい人も多いかと思われますが、日中は屋外でレジャーを楽しみ夜に街中を散歩するなどの使い方なら最適です。

有馬温泉に関する情報サイト
有馬温泉の魅力

観光に行きたい人はチェックしよう、有馬温泉に関するおすすめポイントや情報を紹介します。景色と料理とお酒と空気が素晴らしいので、家族と友人と出かける事で新たな出会いと発見を得る事が可能です。自然の湧き水はミネラルとカルシウムが豊富で水道水と比べると味の違いが分かり、新たな発見は素晴らしいです。子供は川を泳ぐ魚に興味を示して、ニジマスやあゆの炭火焼きを食べると、あまりのおいしさに驚いて絶句します。思い出は良い経験です。

Search